食事自慢の免許施設

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

合宿免許では、大体2週間前後もの期間を要します。その間ずっと同じ宿泊施設に泊まるため、やはり気にしたいのは毎日の食事です。ご飯がおいしくなければ気分も下がりますし、免許取得のための意欲がそがれてしまいます。せっかく行くならば、食事が自慢の教習所を選びたいところです。

食事がおいしい教習所は日本全国に多くあります。例えば、北海道ならばジンギスカン、新潟県ではコシヒカリ、長崎県は佐世保バーガーなど、その土地の特産品や名物グルメが食べられる施設も。これならば、少し遠くの合宿免許を受けにいくのも楽しみになりそうです。

また、多くの教習所が実施しているのは、ビュッフェスタイルの食事やスイーツバイキング。疲れている時に甘いものが食べられるのは、とても嬉しいサービスです。特に、甘いものには目がない女性には人気が高く、教習所も女性限定のサービスに特化している場合があります。

合宿免許の醍醐味の一つは、その土地のおいしいものを食べられることです。教習所も多くの人を呼ぶため、食事に力を入れているところが多数。近場でも食事が評判の教習所が見つかるかもしれません。合宿免許を利用する際は、そのようなサービス面も検討材料にしてみてはいかがでしょうか。